プロフィール

OZATOYA OTOTO

Author:OZATOYA OTOTO
OZATOYA ブログ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あし@

OZATOYA blog 改
釣行記、ロッドカスタムなど、日々の仕事の中から記してゆきます
スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餌巻きてーらー釣法伝授「弐の巻き」
2008/04/19 [Sat]16:20
category:釣果情報「海」
見た者にだけ伝える!

(当たり前です)


萬川集海ばりにお伝しよう

先日の記事、餌巻きテーラーでのヤリイカ、ムギイカ(ヒイカ)釣りに問い合わせをいただきましたのでコチラに掲載いたします。

yzr_yariika_np_green.jpg

ヤリイカスッテの通販しております。
コチラです→OZATOYA通販イカお勧めコーナー

 行かれている釣り場の状況、地域によって様々ですが当方の釣り方をそのままご紹介いたします。
使用するもの
・竿、メバルルアーロッド、あるいはバスロッドのウルトラライトかライトロッド
・リール 2000番~2500番クラスの小型スピニングリール
・ヨーズリのヤリイカ、餌巻きスッテのオモリの付いていないもの
・オモリ 重量の調整が出来るように糸オモリ
・ライン 0.4号~1号のPEライン
・リーダー フロロ 0.6号 1m
・餌 キビナゴ、コアユ いずれかの解凍したもの(豆鯵でも可)フィールドでベイトになって
いる魚が手に入れば最適です。

釣り方
1.ヤリイカスッテに餌を巻きますが、その前に糸オモリをヤリイカスッテに巻いて確実に底を取れるように重量を調整しておいてください。
 その後、魚の頭は取らず、又釣っている間に曲がりにくいように針金でちゃんと固定し次に餌の魚体全体を針金で綺麗に巻くようにします。
 食いの浅い場合は頭の方向を鈎のほうにしてみてください。

2.次にキャストし、ラインのテンションを張りながらヤリイカスッテを底まで沈めます。
 そのとき、フォール中にクイッと穂先が曲がったり、大きいものでは一気に持ってゆくときがあるので穂先、ラインの動きに注意しておいてください。
 この、フォール中に全層の当たりを取れるのが浮き釣と違う利点です。
 イカに食い気があるとほぼ、このときに当たりが出ます。
 当たりが出た場合は、その層を次のキャストから重点的に攻めます。

3.ヤリイカスッテに当たりがでず、底に届く又はコイカが居る層を通り抜けた場合は、エギングのようにシャクリを入れ余計なラインスラッグを素早く巻き取りまたフォールさせます。
 あとはその繰り返しで、手前まで来たら、1に戻って上記を繰り返します。

4.イカの当たりが出た場合は、あまり強く合わせずコンッとあわせるか、巻き合わせにし
ます。
 あとはそのまま一定の速度で巻き取ってください。ヤリイカは触腕特に短く細いので強引なあわせは禁物です。

 判りやすく言えば、ヤリイカスッテで餌を使い、コイカ(ヒイカ、ムギイカ)やヤリイカを狙った、エギングです。
 浮き釣と違い、浮きは立つまで当たりが取りにくい物ですが、この釣では当たりが取りやすく、またシャクリ、フォールという誘いを常に入れることが出来る釣りです。
 また、餌がつぶされにくく、取り込みが早いため手返しが浮き釣りの倍近く早くなります。
 実際、入れ食い状態になると浮きつりで1パイ釣っている間にコチラは2~3ハイ釣れます。
 以上がテーラー、ヤリイカスッテを使ったコイカの釣です。
 是非一度お試しください。
使用するもの
・竿、メバルルアーロッド、あるいはバスロッドのウルトラライトかライトロッド
・リール 2000番~2500番クラスの小型スピニングリール
・ヨーズリのヤリイカ、餌巻きスッテのオモリの付いていないもの
・オモリ 重量の調整が出来るように糸オモリ
・ライン 0.4号~1号のPEライン
・リーダー フロロ 0.6号 1m
・餌 キビナゴ、コアユ いずれかの解凍したもの(豆鯵でも可)フィールドでベイトになって
いる魚が手に入れば最適です。

釣り方
1.ヤリイカスッテに餌を巻きますが、その前に糸オモリをヤリイカスッテに巻いて確実に底を取れるように重量を調整しておいてください。
 その後、魚の頭は取らず、又釣っている間に曲がりにくいように針金でちゃんと固定し次に餌の魚体全体を針金で綺麗に巻くようにします。
 食いの浅い場合は頭の方向を鈎のほうにしてみてください。

2.次にキャストし、ラインのテンションを張りながらヤリイカスッテを底まで沈めます。
 そのとき、フォール中にクイッと穂先が曲がったり、大きいものでは一気に持ってゆくときがあるので穂先、ラインの動きに注意しておいてください。
 この、フォール中に全層の当たりを取れるのが浮き釣と違う利点です。
 イカに食い気があるとほぼ、このときに当たりが出ます。
 当たりが出た場合は、その層を次のキャストから重点的に攻めます。

3.ヤリイカスッテに当たりがでず、底に届く又はコイカが居る層を通り抜けた場合は、エギングのようにシャクリを入れ余計なラインスラッグを素早く巻き取りまたフォールさせます。
 あとはその繰り返しで、手前まで来たら、1に戻って上記を繰り返します。

4.イカの当たりが出た場合は、あまり強く合わせずコンッとあわせるか、巻き合わせにし
ます。
 あとはそのまま一定の速度で巻き取ってください。ヤリイカは触腕特に短く細いので強引なあわせは禁物です。

 判りやすく言えば、ヤリイカスッテで餌を使い、コイカ(ヒイカ、ムギイカ)やヤリイカを狙った、エギングです。
 浮き釣と違い、浮きは立つまで当たりが取りにくい物ですが、この釣では当たりが取りやすく、またシャクリ、フォールという誘いを常に入れることが出来る釣りです。
 また、餌がつぶされにくく、取り込みが早いため手返しが浮き釣りの倍近く早くなります。
 実際、入れ食い状態になると浮きつりで1パイ釣っている間にコチラは2~3ハイ釣れます。
 以上がテーラー、ヤリイカスッテを使ったコイカの釣です。
 是非一度お試しください。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ozatoya.blog108.fc2.com/tb.php/102-b62dd189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

風強いです・・

海行くよ~ 釣れてるよ~ おいしいよ~ というスタッフOの甘い海への誘いにも負けず朝はバスの様子を見に 朝は無風で暑いくらいになりま... ビーレイクス K blog【2008/04/21 19:38】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。